検索
  • muraki sachiyo

☆シャンプー☆


昔から思う事なんですが、シャンプーの泡立ちが悪~い。 なんでなんだろう・・・ 水をたしてもたしても全然ダメ(>_<) そんな時、美容師の方にお聞きしたやり方でやってみると 泡が立つ立つ(*^^*)嬉しくって泡で遊んだり(笑) 実はシャンプーには「泡立つ条件」あるんだそうです! それが・・・・ ・水 ・シャンプー剤 ・空気 なんです。 この3つがちょうど良いくらいのバランスで混ざりあった時に初めて本当の泡立ちを発揮するんです。 本当のシャンプーに必要な事 1予洗い・・・短くても1分30秒はすすいでください 髪の毛の内部に水分がちゃんと入らないといけないのはもちろんの事、 頭皮の余分な皮脂もある程度は予洗いで落としていきますのでしっかりとすすいで下さい!(^^)! 予洗いだけで汚れの70%は落ちるとも言われています。 (ワックスの油分やスプレー剤は落としきれません) 予洗い言わば「シャンプー剤の土台作りです」 2泡立て・・・シャンプー剤つけ過ぎていませんか(・・? 泡立たないからといってシャンプー剤を足す。 ・・・足す・・・足す!! シャンプー剤って案外泡立つんですよ! ボブくらいまでなら1プッシュあれば充分泡立ちます。 ロングの方は2プッシュ+1プッシュが理想。 濡れた手でシャンプー剤を手の中で少し泡立ててそれからシャンプーレッツゴーです。 3ここでも泡立て いきなりゴシゴシ洗っていませんか(・・? 先ずは髪でシャンプー剤を泡立ててから洗っていきます。 ←ここホントに重要ですよ~テスト出ますよ~(笑) 食器洗うときにスポンジをクシュクシュしますよね。それと同じ事です。 泡で髪を包んであげて摩擦のダメージを極力減らします。 ゴシゴシではなく、モミモミ「血行よよくなれ~」というイメージです。 4すすぎ すすぎも上からおでこあたりからかき上げるような感じで浴びます。 それだけでもリフトアップにつながりますので是非オススメします(*^^*) しっかりとシャンプー剤が残らないように流しましょう。 ここであたまの休日からのオススメポイント♪ シャンプーは髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うイメージです。 その時頭皮をマッサージするように洗う事で血行が良くなり老廃物が流れます。 是非意識してやってみて下さい! 1日1日の意識で習慣の癖付けになります(^_^) 本日も皆様に癒しをお届け致します♪


8回の閲覧

あたまの休日をフォローしてください!

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

2017 あたまの休日 All right reserved

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now