検索
  • muraki sachiyo

☆爪揉みの効果part2☆


ここの所、肌寒い日が続いていますが体調崩されぬ様お気を付けてお過ごしくださいね(>_<) 今日は前回の続き爪揉みの効果についてお話させて頂きますね! 爪揉みと言っても、全部の指を触っていいのかと思ったら薬指おねえさんは刺激をしては いけないみたいです(>_<) 爪揉みの仕方は、 ・指の爪の生え際にある両側の角を揉む。 あまり厳密な位置にこだわらなくても大丈夫です。 ・反対の手の親指と人差し指で両側からつまむ。 【一か所を10秒間ずつ。痛いくらいの強さでぎゅっと強めに押し揉む。】 一通り刺激しても、全部で2分以内で終わります。 1日に2~3度行って頂きますが、やりすぎはダメです!!! そして手からは、幸せホルモン【オキシトシン】が出てくれる場所なので 夜なかなか寝付けない時や、不眠症でお悩みの方は寝る前に是非行ってみてください(*´ω`*) 睡眠で悩まれている方は、寝る前に行うと効果的と言われています! そして冒頭でお伝えした【薬指お姉さんは刺激しない】について説明しますね! なぜ、刺激してはいけないのか… それは、薬指お姉さんは叱咤激励系。交感神経を刺激してしまうのです(>_<) せっかくリラックスしたくて、マッサージをしながら副交感神経を刺激しているのに 薬指を刺激してしまうと交感神経が働いてしまうのです。 軽いうつの症状や、低血糖、だるさ、眠いなどの症状に活を入れたい場合を除き 普段はそっとしておくのが良いです! そして、マッサージをご自身で行う時の力加減は【痛気持ちい】力加減で行ってあげて下さいね♪ ・それぞれの指の効果・ ・親指お父さん…肺などの呼吸器(アトピー性皮膚炎、喘息(ぜんそく)、リウマチ、ドライマウス、円形脱毛症、ガン)などに効果的!! ・人差し指お母さん…胃や腸などの消化器(潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)、クローン病 胃・十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)、胃弱)などに効果的!! 明日は中指と残りの二本についてお話させて頂きます(*´ω`*) 本日も皆様にとって素敵な一日となりますように♪


12回の閲覧

あたまの休日をフォローしてください!

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

2017 あたまの休日 All right reserved

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now