検索
  • muraki sachiyo

油断大敵!!貴方はどの冷え性タイプ?


皆様こんにちは♪あたまの休日です。 朝・晩すっかり冷えるようになってきましたね!冷え性対策していますか? 今日は、『冷え性』についてお話させていただきます。 冷え性は主に4つのタイプに分けられます。 ・末端冷え性タイプ ・内臓冷え性タイプ ・ほてり冷え性タイプ ・全身冷え性タイプ 自分がどのタイプなのか気になりますよね。では、今からどのタイプに当てはまるかチェックしていきましょう。 【末端冷え性タイプ・冷え性レベル☆】 □手先・足先が冷たい□爪が折れやすい□肉や魚をあまり摂らない□運動不足 【内臓冷え性タイプ・冷え性レベル☆☆】 □胃腸が弱い□筋肉が少ない□夕方になると足がむくむ □夜中によくトイレに起きる□生理痛がひどい□薄着が多い 【ほてり冷え性タイプ・冷え性レベル☆☆☆】 □手先・足先が冷たい□顔がほてる□イライラしやすい □眠りが浅い□生活が不規則である□手のひらが白(赤・青)っぽい 【全身冷え性タイプ・冷え性レベル☆☆☆☆】 □胃腸が弱い□肩がこる□貧血気味□体温がいつも36℃以下 □朝起きるのがつらい□あまり汗をかかない 一番チェックが多かった所が貴方の冷え性のタイプです。 では、タイプ別に行うと良い事を説明させていただきます。 まず、末端冷え性タイプさんは・・・【黒酢足湯】で保温効果UP!! 体を温める食事を心掛け、日頃から軽い運動を取り入れましょう。頑固な末端冷え性の方は、【黒酢足湯】がおススメ!お湯2Lに対し黒酢200mlを入れて足湯をしましょう。黒酢には温泉成分と同じミネラルが豊富に含まれているので普通のお湯より保温効果が持続します。黒酢は解毒作用もあるので新陳代謝が高まり、かかとが高まるメリットも♪ 内臓冷え性タイプさんは・・・【白湯】を飲んで体の中から温まりましょう 主に下半身が冷えるタイプの冷え性さん。腹巻や靴下の重ね履き、足を使う運動をして下半身が冷えないようにしましょう。白湯を飲むと内臓が温められ全身の血行がよくなります。沸騰させたお湯(1L前後)を40~50℃くらいまで冷まして白湯をつくり、保温ポットなどに入れて1日で何回かに分けて飲むのがおススメ! 明日は、ほてり冷え性さん・全身冷え性さんが行うと良い事をお話させていただきます。 今日も一日貴方が笑顔で健康に過ごせます様に(*´ω`*)♪


1回の閲覧

あたまの休日をフォローしてください!

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

2017 あたまの休日 All right reserved

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now