検索
  • muraki sachiyo

VDT症候群からくる目の疲れと脳疲労


皆様こんにちは☆あたまの休日、サチです。


最近、デスク作業をすることが多いのですがデスク作業した日の夜は何だか肩に違和感があったり、首が痛くなったり・・・ 自分でストレッチをして解したら少し楽になりましたが、この状態がひどくなるとVDT症候群になるんだなぁ~!と実感しました。 *VDT症候群とは・・* コンピューターのディスプレイなど表示機器を使用した作業を長時間続けたことにより、目・体・心に支障をきたす病気のこと。症状は、ドライアイ・眼精疲労・首、肩の凝り・だるさ・イライラ・不安感などです。 VDT作業中は、こんなことが起きています!! ・瞬きの回数が減る→目が乾く→ドライアイ ・真剣な顔(無表情)→表情筋使わない→顔がこる ・長時間同じ姿勢→肩や首の凝り 最近では、眼精疲労は脳の疲れと言われています。


この2枚の画像は静止画で、メンタルが元気な人は動いて見えないそうです。 ちなみに・・・私は両方動いて見えました(>_<)!! 視覚は大脳の約8割を占めています。 人は目を閉じるだけで脳が休まります。 さらに、目を閉じるだけで後頭部から少しの間α波がでます。 α波は脳が癒される脳波の事です。 脳科学的には脳が休んでいる状態になります。 終わらせなくてはいけない作業があっても、こまめに休息を取ることが効率を上げるといいます。 1時間に5分毎・・・取って頂けるととてもベストです!! デスク作業をしている・スマホけっこう使っちゃう・最近凄く疲れやすい・・・ そんな貴方に、おススメのコースは・・・ *【極上☆上半身集中スッキリ】極上アロマヘッド+ハンド90分のコースです!! アロマの香りで癒されながら、極上のひと時を味わってみて下さい(*^^*) 今日も一日貴方が笑顔で元気に過ごせます様に。

0回の閲覧

あたまの休日をフォローしてください!

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

2017 あたまの休日 All right reserved

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now